--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拡散希望も多いと目立ちません

2011年03月11日 23:32

地震、ありましたね。
睦さんはそのとき、GAPで服をレジに持っていったところでした。
頭がゆらゆらしはじめて、あわてて周りを見てみたものの、みんな普通に買い物していたので、うわあ立ちくらみ……と思っていたのですけど。どんどん強くなる揺れに、隣にいたハハに「なんか揺れてない?」と言うと、店員さんが「わ!地震ですね!」と。
数分続く揺れに、まるで船酔いしたように気持ち悪くなりました。服がゆっさゆっさ揺れてました。

東海大地震が来るのかと思ったんですよね。
でもまだでした。また違った。

家帰ったらどのチャンネルも同じように津波の映像を流していて、怖かった。
ついった開いたら、公式RTの嵐。混乱状態だなあこれは、と。

そもそも災害時についったが見られる状況にあるということにわたしはびっくりしました。そりゃあ、本当に酷いところは使えてないに決まっているのだけれど、ついったが災害時の情報収集ツールになるとは思ってなかったから。
でもしばらく冷静になって見てみると、リツイートしまくっているのはおよそ被災地から離れた場所の人が多いんですよね。現場にいる人が混乱するのはわかるんだけど、安全な場所にいる人たちが、正しい情報かどうかも確かめずに、情報を広めていってしまうのはいかがなものかと。
情報不足の混乱、というより、情報氾濫の混乱。これは、本来なら防げるはずのものじゃないのかな。

学校で「情報リテラシー」がどうの、とか言うと、当たり前じゃん、と思うことが多かったのだけど、実際こういう非常事態に陥ったとき、こんなにも当たり前のことができなくなるものなのかと考えさせられました。

来る東海大地震の際には、自分がそういう人間のひとりにならないように慎重に行動したいものです。

とりあえず、わたしの知り合いが無事でよかったです。
スポンサーサイト

腹筋しろ

2011年03月16日 23:53

1泊3日のスキー旅行に行ってきた。
出発当日に長野で余震があって、周囲は「行かないほうがいいんじゃないの」って言ってたし、自分たちも不安だったんだけど、集合場所に行ったら、行く気まんまんの学生たちが集まっていたのでなんとなくバスに乗ってしまった。
夜行バスのなかで、2回ぐらい、みんなの携帯が一斉に緊急地震速報(長野)の警戒音を鳴らしたもんだから、めちゃくちゃ怖かった。だって、行き先長野なんだぜ。

行ったらどうってことなかった。
万が一、ってことでゴンドラ動いてなかったけど、余震なんて微塵も感じなかった。夜に実家が揺れたらしく、メールが来たんだけどすこーすこー寝てた。
ちょっと雪が溶けはじめて凍ってガリガリだったり、吹雪に襲われて全身氷漬けになったりしたけど、それは地震とは関係ない。

ただ、スキー行くよ!って大々的についったでは言えなかった。言いたい!と思ってるわけじゃないけど、最近の「不謹慎」ワードにはなんだかビビる。
人が苦しんでるのを横目に遊んでて何が楽しいんだ!ってことらしいけど、それを言ってる人の大半は被災者じゃない。それがおかしいと思う。何をお前らいい子ぶってるの、って思う。だったらお前ら、トイレ使うなよ、風呂入るなよ、って言いたい。
人が苦しむのは、何も災害だけじゃない。小さいことで言えば、他人が失恋したら自分も恋人と別れるか、ってことだ。他人と自分は違う。

たとえば自分がつらいときに、人が遊んでいたらその人を恨むことがあるかもしれない。
でも、それはそれで仕方がないと思う。だけどそれをあからさまに態度に表してしまうような人間にはなりたくないし、もしそうしてしまったときに、後から反省できる自分でいたい。

しかし、弱者でない人が、「お前は遊ぶな!」とか「自粛しろ」とか言うのは性質が悪いと思う。弱者の味方ぶっているのが最高に悪い。だってそう言っておけば、誰にも批判されまいと思っているから。

わたしは何も、こういう時にはしゃげ騒げと言っているわけではない。そりゃあ多少は、気を遣うべきだと思う。それが人情ってもんだし、倫理ってもんもある。ひとりで生きているわけではない以上、他人に気を遣うのは当たり前だ。
でも同時に、人が生きる時間ってのはその人のものだってことも忘れちゃいけない。自分の不幸で、誰かを巻き添えにしてはいけない。第三者なら尚更、巻き添えにさせてはいけない。

助け合いは必要だけど、同情は不要だ。
自分だっていつ何が起こるかわからないんだから、楽しめるうちに楽しんでおけばいいんだ。誰かの不幸に付き合って自分が何もできないで後から文句言ったって誰も聞かないぜ。

誰かにお説教垂れたって1円にもならない。だったら黙って募金してこい。自分もな。

雌の本能なのかしら

2011年03月30日 05:14

女は子宮でモノを考える と言いますが本当でしょうか。
仮に子宮がなくなったら、女性らしさってなくなっちゃうんでしょうか。

今までね、結構ばかばかしいと思ってたんです。
夫がセックスしてくれないから出会い系に走る人妻とか、枕営業するおねえさま方とか、何がそんなにセックスだよ!お前ら童貞かよ!みたいな。

でもなんか、そういうことじゃないんかなあ、って最近思えてきた。
単なる性欲じゃないんだなあ、って。いやまあ、単なる性欲もいっぱいあるんだろうけど、女の人にとって、子宮とか膣とかセックスとか出産とか生理とかって、ある意味心臓や脳より大事、感覚的、本能的にそう認識されているんじゃないだろうかと。

っていうのは自分が体調崩したりして、それに司られている自分を発見したからなんですが。
「女」である部分が壊れるって、めちゃくちゃ怖い。感覚がなだれ込んで来る感じ。今まで何とも思ってなかったのに、子ども産みたい!ってすごく思ったし、生理を面倒がったり、女って嫌だなあって思ってたりしたのが感覚変わった。ただ普通に機能してることがすごく大事で、女である自分を作ってくれてるんだなあって。

急に何いってんだ、と思われる気がするんだけど、普段わりと女の人に厳しい目を向けてしまう自分に、そういう面があったのが新鮮な驚きで、ある意味これも女子力じゃね、と思ってみたあれですね。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。