--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギはね構われすぎるとしんじゃうんだよ

2010年10月10日 02:22

ひととひととの繋がりなんて、知らない間にふとできて、気付いたときにはもろく崩れ去ってしまっていたりするものです。

たとえばこの文章を読んでくれているあなたと、クロミのパジャマを着て、生乾きの髪がちょっと寒いなあと思いながらカタカタ打っているわたしとは、繋がっています。細かく言えば、わたしにとって未来のあなたは、あなたにとって過去のわたしと繋がっています。時間差はあれど、目に見えない空間を共有しているのには変わりありません。
ブログだけじゃない、メールだって、駅の伝言板だって、留守番電話だって、手紙なんてもちろん、いや、突き詰めて考えれば、ですよ。
リアルタイムに目を見て会話をしていたとしても、それは未来のあなたと過去のぼく、その逆もしかり。自分と他人が同じときに繋がることは、ないと言っていい。

結局その微妙なタイムラグは、自分と他人が同じ土俵には立てない、ってことだと思うのです。

それでもわたしたちは、ひとと繋がっていたいと考える。ひとと付き合うのは嫌いだ、という人だって、毎日何らかの情報を得て暮らしているはずなんです。誰かが発信した情報にアクセスしている。

でもその繋がりって、自分が思うほど強くない。昔の恋人や、家族でさえも、今どこにいるかわからない。生きているのかさえわからない。あんなに同じ時間を共有し、誰よりも強い繋がりを持っていると考えていた人たちでも、それって簡単に切れてしまう。
ただ、自分が彼らのことを思い出すとき、それはかつての彼らと繋がっているわけで、向こうも過去のわたしと繋がる時間を、たまには持ってくれていたらいいなあと思うんです。

繋がりって、本当は強いんじゃないかって、信じたいんだよね。
ブログを書くのも、過去や未来の自分と繋がっていたいからかもしれないな。
スポンサーサイト

むつみん絵をかくの巻

2010年10月31日 19:25

実は二十歳を迎えてしまったりして、新しいことがしたくなったのでブログを移転してやりました。

新天地はなんか暗いし文章まともに書いてないし人に見てもらうためにつくったわけでもないのですが、それでも全く見られないのもさみしいので、気が向いたらスカイプ、ツイッター、メールなどで声かけてください。

SkypeID:munemi2
Twitter:munemi2
mail:pol3vanillaあっとyahoo.co.jp


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。