--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこぞでお目にかかりましょう

2011年07月09日 17:44

インターネットを始めて11年目になる。
この10年の間にそれはもういろいろあって、年齢一桁だったわたしが成人するに至っているのだから、そりゃ当たり前なんだけれど改めて考えると怖い。わたしのことをいちばんよくわかっているのはネットである。
自分のブログは勿論、テキストサイトやらこえ部やらすかいぷやらみくしやらついったやら、時にはたぬき掲示板で名前出されたりいろいろあったし、それなりにいろいろ釣れましたがあれだ、いろんな過ちを今では申し訳なく思って、いないこともない。すみません。

しかし、少し考えたんだけど、わたしってこのままでいいんだろうか。へらへらネットに時間を費やし、友達増やしたふりして遊んでいていいんだろうか。
なんか最近、ネットをしていても刺激もないし成長する兆しも感じない。まあ、今まで得てきたものが成長と言えるかも謎だが。この頃、惰性でやっていてどうもね。

ネットから出てきて、有名になるひともいるんだけど、わたしはどう考えてもそんな有益な活動をしていないし、だからといって、これから何かするにしても頭打ちっぽいっていうか、やっぱりいまのわたしは「生」がしたいんだよな。
それなのに現状は、ネットに引きこもっててなんか冴えない。

あとねえ、やっぱり女としてネットやっててもなかなか同性となかよくできないのよね。まあ、もともと女の子に好かれる人格じゃないんだけれども。ネットやってると男女絡みのごたごたが多くて、昔はそれを楽しめてたけど、もういい加減飽きたし、歳を取ったので落ち着きたいってのもある。

気まぐれのわたしが、ずっと続けてきたネットだし、昔のブログなど引っ張り出してみると、それなりにおもしろいので、これからもネット自体は続けるとは思うけど、ネットとの付き合い方を少し考え直してみようかなあ、と思ってみた。
熟年夫婦が突然別居するときの心境ってこんなもんだろうか。よく知らんけど。

とまあごちゃごちゃ言ったけど、この夏が天王山という裏設定もあったりする。
スポンサーサイト

パンツ見せてよ

2011年06月26日 12:23

一人で運転しているときって、みんなどうしているんでしょう。
わたしは音楽がんがんに鳴らして左右に揺れながら大声で歌っていて、きっと傍から見ればちょっと、てかだいぶイカレてる、と思うんですが。

運転中にね、ナンパされたんですの。

なんか妙に視線感じてふと横見たら、隣で信号待ちしていた車のなかのひとがこっちじーっと見てた。わたしの車の助手席(無人)を挟んで、運転席同士で見つめあい、っていう状況。見つめられると目が離せなくなる性質なので、こちらもじーっと見ていたら、口パクで何か言ってきた。なんだろう、と思っていたら、窓を開けろジェスチャーされたので、音楽を止めて窓を開ける。そこでタイトルの一言です。
いやあ、今から思えばそのときにパンツ見せてあげて事故らせとけばよかったか。いやでもそれでは他のひとにも迷惑かかるのでいけませんね。
まあ結局見せなかったんだけど、それからずっと信号待ちのたびに隣に来て(交通量過多4車線道路の真ん中2車線で逃げられない)どこ行くのだの、遊びに行こうよだの。

彼(30代前半かしら)曰く「彼女と別れて家出してきたから、コンビニの駐車場にでも停めて話だけでも聞いて欲しい」
誰がそんな話に引っかかりますか、ってんだ。
1時間弱ぐらいずっとついてこられて(なかなか撒けないのです)遊ぼう遊ぼうとうるさくなってきたので「遊ぶって何するの」と言ってみたら
セックス!!!とめちゃくちゃ笑顔で言われました。きもいです。
無言でこちらも満面の笑みを返し、信号ぎりぎりで右折車線に入りそのまま曲がってやりました。ばいばい。

わたしにナンパしてくるひとって、どうしてカラダ目当てなのを隠さず、ぐいぐい来るんでしょうか。そんなにビッチっぽいんでしょうか。なんかショックなので、今度なにか言われたら黙って握りつぶしてやろうと思います。

かっこいいセンセイでもいればね

2011年06月13日 07:56

五月病(笑)を断ちきって、今月はいい月にしようと言っていたのにこのザマでございます。ヤミラミ。なんてか心が晴れ晴れと致しませぬ。困ったものだわ。
まあそうは言いましても、今月末には今年度初の公演(芝居)を控えておりまして、今はその稽古なり製作なり。身近に目指すところがあるというのはいいことだなあと思っています。余分な考え事をする時間が減るからね。

それにしたって学校行くのしんどい。
せっかく行っても、講義とは別の場所でうだうだ寝てたりする。そして帰る。

よい子のみなさんは真似しないようにしてください。
でもあれよ、わたし留年する気は毛頭ないので、ぎりぎりのところをすり抜け、られずにバーン!とぶち当たってすみませんどうかと泣き落として……いや、もう少しうまくやりたいねえ。

どうして、いつからこんなサボり魔になってしまったんだろう。
高校の生徒会時代に、夜を徹しての作業中、どうしても眠くなりふらふらとトイレの便座に座ったらそのまま2時間ぐらい寝てしまって「気絶していた」と言い訳したことがあった。というか、毎日の職務の時間でさえも印刷室に鍵かけて寝てたわ。
小学生の頃は真面目だったはず。と思ってみたけど、手芸部部長のくせに部活サボりまくって、学期に一度の調理実習に出させてもらえなかったことを思い出す。まあ、食べるときにこそこそ入ってセンセイに見つからないようにもぐもぐしてたんだけれども。

というわけで、この性格は長年培ってきたものなのでそう簡単には変えられません、と。こんなんで就職できるんかなあ。……その前に卒業か。

学校行きます。

わたしは家畜

2011年05月26日 09:49

大阪府で君が代起立条例案というものが可決されそうです。
あんまりネットでこういうこと触れるのよくないんだろうなあと思いつつ。

国歌斉唱のときに起立するかしないかってそんなに重要な話なんですねえ、と半ば呆れて……はないです、ただよくわたしには分からない話です。
国歌に限らず大勢で一斉に歌を歌うときは立つもんじゃないですかね。カラオケじゃないんだから。国歌がどうとかいうから話がおかしくなるわけで。
条例まで作って強制するのも幼稚な話だと思うけど、それに敢えて反発するってのも無駄なエネルギーじゃないかと思えてしまいます。
ただ、それで命を落としている人もいるわけなので、きっとわたしが思うよりずっとずっと深い問題なのでしょう、たぶん。

ちなみにわたしは今までに国歌を歌ったことがありません。習ったこともないです。
音楽の教科書には載っていたけど、そういえばうちの学校では習わないなと思ってぼーっと眺めてました。テレビで相撲見てると歌ってますよね、でもあんな野太くて低い声の集まりじゃあ何歌ってるか全然わかんないっつーの。
国歌が歌えないとか自慢になるわけないので、1回ぐらい学校で教えるべきだったんじゃないのかなとか思わなくもないですが、まあ別にこれから先も歌うことないでしょうからいいです。仮にあったとしても背筋よく立って口開いてたら別に目立たないでしょ。反抗する気はないので。

2年前ぐらいにここで靖国参拝がどうのとか書いたときにも言ったけど、別に個人でどんな思想持ってようが勝手ですよ。ただ、個人の思想を仕事に持ち込んだらいけないと思うんです。公なんだからさ。見かけだけでも社畜になりきりなさいよ。

ちょっと前についったでの発言が元でアディダス解雇された新入社員がいましたけど、それだって別に一般人の発言だったらそこまで問題にならなかったわけでしょう。それにしても書いてることひどかったけどな。

ああしかし就職してないからこんなこと言えるのかな。働いたらストレスたまりまくってはけ口ないとしんじゃうのかも。やあねやあね。

2011年05月14日 23:34

今日はちょっと気持ち悪い記事になるよ、と最初から念押し。

一生のうちに、本気で愛するひとを見つけられるひとってどれくらいいるんだろうか。
本気で愛されるひとってどれくらいいるんだろうか。

とうとうドタマとち狂ったか、なんて思わないでね。

「愛してる」っていうのは現在進行形だけど、実際「愛する」ってのは、結果論じゃないのかなあと思ったりもする。
何らかの別れがきたときに、それまで自分が相手に対してどれだけのことができたか、っていうことじゃないかなあと。別に、それが相手にとってプラスだったかは関係ない。良くも悪くも、自分が相手に与えた影響の大きさが「愛していた」っていうことのような気がする。

ただ、相手のなかに自分が残らなかったからといって、それは自分が相手のことを「愛していなかった」のかというと、それもまた違う気がする。
相手に対して、こうしたいああしたい、と熱望することも、その気持ちを相手のために封印することも、愛のひとつじゃないかと思う。
だけど、そこまで想っていたら、その想いって何らか相手に伝わっているもんじゃないかなあとも思ったり。受け取ってもらえなくてもね。あ、芸能人相手とか二次元相手とかだったら別だけど。

気がする、思う、なんて曖昧な言葉ばっかりだけど、なんせ二十歳そこそこのわたしに愛を語るなんて早すぎる。と、思うだろ?
ただなあ、わたしが尊敬する作家たちはみんな、10代で愛を語っているんだからすごい。語れちゃってるんだからすごい。

はっきり言えないけど、これが愛なのかなあ、っていうもやもやを少しずつ引き出してる。ゆっくりゆっくり紡いでいって、織物になるのを待ってみる。
ただその柄がね、美しくなるかはまた別の話なのだよ。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。